専門家からのアドバイスを貰いながらの借金返済

借金返済にあたっては、確実な返済を実現させるために専門家からのアドバイスを受けることが非常に有効であると考えられています。

 

弁護士が主な借金返済にまつわる専門家であるとされており、積極的にこのような肩書きの専門家にサポートを依頼するケースがしばしば見受けられているのではないでしょうか。借金をできるだけ円滑に返済することのできるような体制を構築することにも繋がるため、現在大きく注目を集めているのではないかと推測されています。

 

このような借金返済についての傾向は、全国の複数のエリアで見受けられていると考えられており、借金返済を完遂させる段階にこぎ着けた人も非常に多くなってきているのではないかと思います。

 

弁護士が適切な借金返済の方法を一緒に考えたり、確実な借金返済の計画を立てることを支援したりしていると推測されています。このようにして借金の返済を進めていきたい人を助けたり、仲介する役割を弁護士が担っていくことが、一般的なこととして認識されるようになっていくでしょう。

 

弁護士と借金返済との関連性は、今後更に深くなっていくことが見込まれているため、これまで以上に関心の度合いが著しく向上していくのではないかと予測されています。

僕が苦労した借金返済について

僕が自ら侵した借金返済の話をしようと思います。23歳の頃仕事をろくにせずアルバイトで食いつないでいた時に、欲しい物はどんどん出でくる欲に負け、等々金融業者に手を出してしましました。

 

 まず手を出した業者がアコムで50万円借り付けの金利18%で、この時僕はこんなに簡単にお金が手に入るのかと味をしめて、わずか3か月ほどで全て使い果たしました。

 

その後もプロミスから30万円、レイクから10万円借りてアコムからのスパンで考えると1年たたないくらいで借金100万ほどに膨れ上がってしまい、毎月の返済に徐々に間に合わなくなっていきました。親には言える事ではないし友人に頼るわけにもいかないしで精神的に追い詰められていきました。

 

 そして地元の法律相談事務所に相談して、債務整理か自己破産のどちらかを弁護士と相談し結局自己破産をする事に決め書類は全て弁護士にしてもらわず自分で揃えて裁判所に提出しました。弁護士の方で行うと書類の作成とそれにかかる時間と費用がかかるということで自分で行う事を進めてくれました。

 

 裁判官とお話をして自己破産に際しての書類を認証してくれるかかなり不安だったのですが、内容を理解してもらえて無事自己破産手続きを終えることができました。

 

 それからは金融業者からの催告通知と電話もなくなり、一安心しました。この自己破産でローンが組めないリスクはありますが、僕にとっては逆にいいのかもしれません。もう絶対借金をしたいとは思いませんから。

弁護士に相談して良かった!借金解決ケース

長年私の悩みの種だった「借金」がもう数ヶ月でゼロ円になります。つまり、夢にまで見た完済が間近なのです。

 

この借金完済を予定以上に早めてくれたのが、「弁護士相談」です。私が相談したのは、ちょうどラジオCMで「借金の弁護士相談」が初めて放送されだした頃。

 

「本当かな??」と半信半疑の気持ちがありつつも、藁をもすがる思いで勇気を振り絞って電話し、訪問したことを覚えています。今思えば、あのときちょっとした手間を惜しまずに行動したことが何万円もの価値になっています。

 

「信じて動いて良かった!」というのが今の率直な感想です。

 

 

 

具体的には、私は引っ越し費用をまかなうために数十万円の借金をした後、安月給だったためにその利子に毎月苦しむことになります。

 

払っても払っても減らない借金。焦りを通りこして、毎月お給料日は喜び反面、利子のことで落ち込むこともしばしば。

 

そんな時期がずっと続いていたのに、たった一度弁護し事務所を訪れ電話で何度かやりとりしただけで「毎月の利子がゼロに」なったのです!

 

よくラジオCMでは「借金を取り戻せた」とありますが、弁護士曰く、私の場合はそこまで払い過ぎの状況ではなかったということでした。

 

でも、本当に助かりました。

 

もう借金はしません。でも本当に社会勉強・自己成長の良い機会になりました。